鮮烈なエネルギーの豊かさを感じたアメリカ映画「シカゴ」2002年

f:id:ys71397416:20220131142531j:image

 

ブロードウェイミュージカルを

映画化したものだそうだけれど

 

クラブはもちろん犯罪も刑務所も

ゴージャスなミュージカルの舞台に

してしまう

 

アメリカ(シカゴ)の

底知れぬショービジネス世界

 

というより

国民性(地域性)の壮大さを

つくづく感じてしまった(°▽°)

 

キャサリンゼタジョーンズは

カリスマ性を備えた壮麗美

 

存在感があり過ぎて

何をしても様になる

 

これからフォローしてみなくちゃ❣️