歳を重ねても自他を変えられると思える映画「ミセス・ハリス、パリへ行く」

f:id:ys71397416:20221129162746j:image

 

主役の家政婦ハリスさんの

壮絶な状況からスタートする

この映画は

 

山あり谷あり

 

舞い上がって大失敗しても

くじけずコツコツ努力努力

 

映画の基流は

高級ブランド

クリスチャンディオール

時代の変化にどう対応してゆくか?

 

それに

ハリスさんの夢が重なり

絡み合って予想外の展開が次々と…

 

1950年代のオートクチュール

様子がとてもファンタスティック

 

映画の告知では

「いくつになっても夢をあきらめない」

だけれども

 

私的には

友達や仲間の力

そして

自分を更新し続けていける

柔軟かつ粘り強い力

などがよかったと思う

 

主演女優の

レスリー・マンヴィル

とてもよかったし

 

他の登場人物方々も

いかにもそれらしく