鷲田清一さんのことば

f:id:ys71397416:20221201090739j:image

 

「ことばが

 まるでうぶ毛を失くしたかのように

 むきだしで

 人にぶつかるようになった」

 

「ことばが現実の前で

 うなだれる光景もよく目にする」

 

「ことばの暴力と無力。

 ことばの横暴とことばの喪失。

 〜

 ことばが両端に裂かれていて

 この国を「言霊の幸わう国」

 などとは口が裂けても言えない」

 

「口を塞がれてもことばを失っても

 表現が追いつめられているだけで

 ことばの可能性が

 根こぎにされたわけではない。

 

 ことばの失いかけていることを

 はじめて、そしてもっとも痛切に

 知らせるのもことばだったし

 ことばの無力にうなだれる声を

 もっとも繊細に伝えてきたのも

 ことばだった」

 

「ことばの制圧に 〜

 抵抗してきたのもことばだった。

 そしてその最終的な挫折をすら

 人はのちにことばで反芻した。

 

 そういうことばの力に

 一人ひとりがそれぞれに

 まぎれもなく支えられてきた」

 

「ひっかかるところを大事にしている」

 

「それらがフックになって

 つぎの思考が始まればいい」

 

     〜2022.09.16.朝日新聞より